【フェラーリ F8トリブート】V8のエクセレンスを称賛せよ[詳細画像]

©株式会社イード

フェラーリF8トリブート

フェラーリ・ジャパンは25日、新型スポーツカー『F8トリブート』のジャパンプレミアを東京都現代美術館(江東区)で開催した。車名は、エンジン気筒数とパワーへのオマージュだ。

F8トリブートに搭載されるV8エンジンは排気量3902cc、ターボ付き。720psという最高出力と185ps/リットルという比出力を発揮する。スペシャルシリーズを除いて、フェラーリ史上最もパワフルなV8だという。

F8トリブートは『488GTB』の後継モデル(改良新型)にあたる。3月のジュネーブモーターショー2019でワールドプレミアを果たしていた。488GTBから全面的に見直しを図った結果、限界域での操縦性能および快適性が向上しているという。V8エンジンの最高出力は50PS、アップしている。

F8トリブートのデザインはフェラーリ・スタイリング・センターが手がけた。優れたパフォーマンスと卓越したエアロダイナミック効率という、フェラーリならではの特徴を継承する。