交流戦はパ・リーグの58勝46敗4分で終了 10年連続14度目の勝ち越し

©株式会社Creative2

パ・リーグが交流戦を10年連続で勝ち越し【写真:荒川祐史】

優勝はソフトバンク、セ・リーグでは巨人とDeNAが勝ち越し

 プロ野球の交流戦は25日、全日程が終了した。最後の試合となった楽天-広島(楽天生命パーク)は、広島が2-0で勝利。交流戦は最下位に沈んだものの、最後の一戦では勝利を掴んだ。

 今年は58勝46敗4分とパ・リーグが「12」の勝ち越し。10年連続14度目の勝ち越しとなった。セ・リーグの勝ち越しは2009年の1度だけだ。優勝は11勝5敗2分のソフトバンクで、12球団断トツの8度目の制覇。セ・リーグの勝ち越しは11勝7敗の巨人、10勝7敗1分のDeNAのみで、パ・リーグは日本ハムが8勝9敗、ロッテが8勝10敗で負け越した。

 2005年に始まった交流戦のパ・リーグの成績は以下の通り。

2005年 105勝104敗7分
2006年 108勝107敗1分
2007年 74勝66敗4分
2008年 73勝71敗
2009年 67勝70敗7分
2010年 81勝59敗4分
2011年 78勝57敗9分
2012年 67勝66敗11分
2013年 80勝60敗4分
2014年 71勝70敗3分
2015年 61勝44敗3分
2016年 60勝47敗1分
2017年 56勝51敗1分
2018年 59勝48敗1分
2019年 58勝46敗4分(Full-Count編集部)