ABCテレビ:新人・増田紗織アナはダンスとゴルフが得意な帰国子女 26日本格デビュー

©株式会社MANTAN

ABCテレビの増田紗織アナウンサー

 今年4月に入社したABCテレビ(大阪市福島区)の新人、増田紗織アナウンサーが、6月26日に本格デビューする。増田さんは同日、同局の「おはよう朝日です」(月~金曜午前6時45分)、ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」(月~金曜午前6時半)で生放送に初出演した後、午前10時台と11時台のABCラジオニュースで“初鳴き”する。21日に同局で行われた会見で増田アナは「研修で先生方にいっぱい教えていただいたので、当日は思いっきり楽しみながら頑張りたいと思っています」と意気込みを語った。

 増田アナは1997年1月7日生まれ。東京都出身。慶応大学卒業。5歳から小学校4年までニューヨークで過ごした帰国子女で、帰国後は中学・高校でダンス部に所属し、大学時代もダンスに打ち込んだ。また小学生の頃からゴルフを習っていたといい、ベストスコアは89。会見では「右手だけでパターを持って決められます」と特技を披露。「私をタフにしてくれたのは、ダンス部での中学・高校の6年間の部活」と明かし、「上下関係だけでなく、朝イチから放課後までの厳しい練習で、簡単には折れない心が身についたと思います」と振り返った。

 さらに今後の目標について「バラエティーが担当できるアナウンサーを目指します」と抱負を語り、「共演したい人は大阪府立登美丘高校のダンス部の皆さんと顧問のアカネ先生です。アカネ先生の振り付けで踊れたら……」とアピールした。

 初鳴きに先駆け24日には、自身の冠番組となるミニ番組「サリーの6(ロック)おん!」がスタートし、ナビゲーターとして同局の番組をPRした。サリーは増田アナの愛称。新人アナウンサーがニュースデビュー前に番組に出演するのは同局のアナウンサー史上初めて。この夏には「速報!甲子園への道」のリポーター(関西ローカル部分)なども担当する予定だという。

 増田アナの研修デスクを担当した同局の加藤明子アナウンサーは、増田さんについて「彼女は、見た目とは裏腹に、なかなかタフなメンタルの持ち主です。女子校を出て慶応大学の法学部、そして趣味はダンスとゴルフという華やかさと、線の細いイメージがあったのですが、非常に研修にもタフに食らいついてきて。ギャップがあるのも彼女の魅力。ぜひ『サリーに6おん!』という番組の中で個性が開花していったらいいと思います」とエールを送った。