【MLB】大谷翔平、本拠地に戻り「3番・DH」で5戦ぶりスタメン 2年連続2桁弾なるか

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

午前11時7分からレッズ戦、7試合ぶり本塁打なるか

■エンゼルス – レッズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスは25日(日本時間26日)の本拠地レッズ戦(同午前11時7分開始)のスタメンを発表し、大谷翔平投手は「3番・DH」で5試合ぶりにスタメンに名を連ねた。久々の先発出場で、7試合ぶりのホームランに期待がかかる。

 大谷は17日(同18日)の敵地ブルージェイズ戦で9号弾を放つと、19日(同20日)の同戦では今季14度目のマルチ安打をマーク。翌20日(同21日)はスタメンから外れ、21日(同22日)からはDH制のない敵地でのカージナルス3連戦だったため、ベンチスタートとなっていた。

 ただ、スタメンを外れた4試合はすべて代打で出場し、カード最終戦の23日(同24日)には打球速度105マイル(約169キロ)の弾丸ライナーの右前打。24日(同25日)はオフだった。今季は41試合出場で打率.276、9本塁打、30打点、3盗塁の成績。2年連続の2桁本塁打となる10号弾が飛び出すか、注目が集まる。

 相手先発は24歳の右腕タイラー・マリー。今季は14試合登板で2勝7敗、防御率4.17。大谷とは初対戦となる。

【エンゼルス】
1(二)ラステラ
2(中)トラウト
3(DH)大谷
4(左)アップトン
5(右)カルフーン
6(一)プホルス
7(三)フレッチャー
8(遊)レンヒーフォ
9(捕)ルクロイ
投手 ヒーニー(Full-Count編集部)