大分県で初めて「宇宙シンポ」 21年、30ヵ国1万人が参加【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

 世界から宇宙工学の研究者らが集まり、発表や討論をする「第33回宇宙技術および科学の国際シンポジウム」が2021年、大分県で初めて開かれることが決まった。県が25日、発表した。科学者や大学教授らでつくる組織委員会、日本航空宇宙学会の主催。国内を中心に約30カ国から延べ約1万人が参加するという。

 別府市のビーコンプラザが主会場となり、発表や討論を通じて宇宙開発推進の機運を盛り上げる。開催期間は1週間。周辺では体験型見学会などの関連イベントも開く予定。

 県は大規模なMICE(国際会議や展示会)の誘致へ向け、数年前から開催地に立候補していた。大会は1959年から始まり、近年は2年に1度開催。今年は15~21日の間、福井県であった。