【MLB】ラステラが先頭打者ランニング本塁打! エンゼルス本拠地では13年ぶり

©株式会社Creative2

エンゼルスのトミー・ラステラ【写真:Getty Images】

敵地を含むエンゼルス選手のランニング本塁打は7年ぶり

■エンゼルス – レッズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスのトミー・ラステラ内野手が25日(日本時間26日)の本拠地レッズ戦で先頭打者ランニング本塁打を放った。

 エンゼルスは初回、先発ヒーニーがボットに先制ソロを被弾。しかし、その裏にすぐに追いついた。1番のラステラがレッズ先発マリーの直球を叩くと、センターへの大飛球に。センゼルがフェンス際でジャンプしたものの、ボールはグラブを弾いてフェンスに当たり、転々とした。

 ラステラはグングンと加速し、一気に生還。同点の16号ソロ弾となった。

 エンゼルスの選手によるランニング本塁打は2012年4月11日にピーター・ボージャスが敵地ツインズ戦で放って以来。エンゼルスタジアムでは2006年9月29日のショーン・ヒギンス以来となった。

 その後、トラウト、大谷、アップトンは凡退した。(Full-Count編集部)