いきなり大雨

©株式会社ウェザーマップ

沖縄の南にある熱帯低気圧が、26日夜に沖縄本島地方に接近して北上、27日朝までには台風となる見込みです。その後、27日昼前から夜にかけて、西日本の太平洋側へ接近・上陸し、28日(金)には東日本の太平洋側に進むおそれがあります。

梅雨前線に流れ込む湿った空気と相まって、沖縄・奄美では27日朝にかけて、西日本太平洋側では27日朝から夜遅くにかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る予想。27日夕方までに予想される雨量は(多い所)四国300ミリ、九州南部250ミリ、東海100ミリ。その後の24時間で、東海はさらに200から300ミリ、近畿は100から200ミリの雨が予想され、太平洋側を中心に総雨量が多くなりそうです。

西日本でようやく梅雨入りした地域で、早々に台風(熱低)絡みの大雨。こうした極端な降り方が、だんだん普通になっているのかもしれません。

気象予報士・高橋 和也

画像について:27日午前9時の予想天気図。