<ベガルタ>審判の判定に泣く ハモンロペスのシュート

©株式会社河北新報社

ハモンロペス選手

 仙台が判定に泣いた。後半22分にハモンロペスのシュートがオフサイドの判定。1分後には石原崇の左クロスがゴール前の相手選手の手に当たったように見えたが、プレーは続行された。試合後は渡辺監督が審判団に詰め寄り、仙台サポーターもブーイング。監督会見で指揮官は「ここで言っても何も変わらない」と悔しがった。