札幌市と「対話」へ前向き

30年五輪招致でIOC会長

©一般社団法人共同通信社

総会を終えて記者会見する国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長=26日、スイス・ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は26日、スイスのローザンヌで開かれた3日間の総会後に記者会見し、五輪開催地選定の仕組みを大幅に変える改革案の承認を受け、2030年冬季五輪招致を目指す札幌市と「対話を始められる」と述べた。IOCは複数の国や地域、都市の共催計画容認や開催地決定は7年前とする原則の撤廃を決めた。

 バッハ会長は26年冬季五輪招致を断念した札幌市について「(北海道)地震で撤退せざるを得なかったが、30年招致の意向があることは認識している」と強調した。