災害に備えよう!

静岡県湖西市 広報こさい令和元年7月号

©株式会社VOTE FOR

■避難情報を“よりわかりやすく”発令します~5段階の「警戒レベル」の導入について~
平成30年7月に西日本を襲った豪雨では、避難情報が出されましたが、情報の種類が多く、また難しいことから、住民の避難に結びつかず、大きな被害が発生しました。
この災害を教訓に、災害時に「直感的にわかりやすく」避難情報を発令するため、5段階に分かれた警戒レベルが新しく設定されました。レベルによって情報と行動が明確になっています。
土砂災害警戒区域にお住まいの人は、いざという時、「自分は大丈夫」と思わずに、適切に避難行動を開始しましょう!

・Q…どのように発令されるの?
同報無線から「警戒レベル4、避難開始!こちらは、広報湖西です。市内全域の土砂災害警戒区域に、避難勧告を発令しました」のように警戒レベルと避難情報を合わせて発令します。防災ほっとメールや緊急速報メールでも、同様に発信します。

・Q…警戒レベル1、2の場合、市はどんな情報を発信するの?
市から避難情報を発信しません。いつでも避難できるよう準備をしておきましょう。

・Q…避難勧告と避難指示(緊急)は、同じ警戒レベルなの?
避難指示(緊急)は、緊急的または重ねて避難を促す場合に発令します。避難勧告が発令されたら、避難指示(緊急)を待つことなく避難を始めましょう。

・Q…避難情報が出ていても、避難ができない場合はどうしたらいいの?
建物の2階以上や崖から離れた部屋など、屋内の安全な場所へ移動しましょう。

問合せ先:危機管理課
【電話】053-576-4538
【FAX】053-576-2315

■台風に備えて「マイタイムライン」を作りましょう
昨年は、大規模な停電が発生するなど、台風による災害が全国的にも湖西市においても多く発生した年でした。
台風は、突然起こる地震とは異なり、台風発生から上陸(最接近)までに時間的な猶予があることから、事前に対策をとることで被害を最小限にすることができます。
そこで、一人ひとりの家族構成や生活環境に合わせて「いつ」、「誰が」、「何をするのか」を時系列で整理した「マイタイムライン」の作成が事前対策として有効です。
台風シーズンがやってくる前に「マイタイムライン」を作成し、早めの台風対策、避難行動をとることで災害に備えましょう。
次の時系列に沿った行動内容を参考に、自分や家族の身を守るための具体的な防災行動計画を作成しましょう。

■耐震補強工事で地震に強い家を!
想定される大規模地震から、市民の生命や財産を守るため、市では次のような事業を実施しています。自分の住宅が地震にどのくらい耐えられるか、まずは無料の耐震診断で確認しましょう。

申込先:建築住宅課
【電話】053-576-4549
【FAX】053-576-1897