前線活発に 東北~西日本日本海側で雨多く 1か月予報

©株式会社ウェザーマップ

気象庁は27日、向こう1か月(6/29~7/28)の天候の見通しを発表した。前線や湿った空気の影響で、北・東・西日本は、平年に比べて曇りや雨の日が多い予想。向こう1か月の降水量は、東北や東日本、西日本日本海側で多く、北海道と西日本の太平洋側で平年並か多い見込み。沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多く、向こう1か月の気温は平年より高くなりそうだ。

1か月予報 (平均気温) 出典=気象庁ホームページ

 週ごとの予報によると、1週目(6/29~7/5)の北・東・西日本は前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多い見通し。沖縄・奄美は太平洋高気圧に覆われて、平年と同様に晴れの日が多くなりそうだ。

1か月予報 (降水量) 出典=気象庁ホームページ

 2週目(7/6~7/12)はオホーツク海高気圧が現れる可能性があり、日本海側を中心に前線の活動が活発化しそうだ。このため、北日本の太平洋側は前線や湿った東よりの風の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多い見込み。東日本と西日本日本海側は前線の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多くなりそうだ。沖縄・奄美では、引き続き平年と同様に晴れの日が多い見通し。

1か月予報 (日照時間) 出典=気象庁ホームページ

 3~4週目(7/13~7/26)は、北・東日本で前線の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多い見込み。西日本の太平洋側、沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多くなりそうだ。また、太平洋高気圧に覆われる沖縄・奄美は高温傾向が見込まれる。
  

■参考:平年の梅雨明け
 沖縄   6月23日頃
 奄美   6月29日頃
 九州南部 7月14日頃
 四国   7月18日頃
 九州北部 7月19日頃
 中国・近畿・東海・関東甲信 7月21日頃
 北陸   7月24日頃
 東北南部 7月25日頃
 東北北部 7月28日頃