ユネスコ世界遺産委、30日開幕

大阪の古墳群、登録決定へ

©一般社団法人共同通信社

百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳。奥は履中天皇陵古墳=堺市

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会が30日、アゼルバイジャンの首都バクーで開幕する。5月にユネスコ諮問機関が世界文化遺産への登録を勧告した「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)の審査は7月5~7日の予定で、勧告通り、登録が正式に決まる見通しだ。

 委員会は世界遺産条約の締約国から選ばれた21カ国で構成。諮問機関の勧告を基に合議で登録の可否を判断する。今年の新規登録案件は現時点で38件あり、自然遺産、複合遺産、文化遺産の順で審査される。百舌鳥・古市古墳群は16番目の予定だ。

 古墳群は、4世紀後半から5世紀後半に築造された49基。