長澤まさみの奇抜なドレス姿に「ゴミ袋着てるの?」「マツコの服?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

長澤まさみ 

(C)まいじつ 

映画『コンフィデンスマンJP』が第22回『上海国際映画祭』に招待され、レッドカーペットに主演の長澤まさみが登場した。鮮やかな朱色で背中がざっくり開いたドレスで颯爽と歩く長澤に、会場も大盛り上がりを見せたが、ネット上では「巨大ゴミ袋着てるのかと」「マツコの服借りてきたのかと思った」などと〝独特な〟ドレスにツッコミの声が多く上がっている。

2018年4月クールにフジテレビ系で放送された〝月9〟ドラマ『コンフィデンスマンJP』。〝欲〟や〝金〟をテーマに、美しき天才詐欺師・ダー子(長澤まさみ)、真面目で小心者の詐欺師・ボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のベテラン詐欺師・リチャード(小日向文世)の3人が、欲にまみれた人間たちから大金をだまし取る痛快エンターテインメント作品だ。映画版では、香港を舞台に、竹内結子や三浦春馬など豪華ゲスト陣を迎え、さらにパワーアップした仕上がりとなっている。

6月22日、中国・上海で行われた第22回『上海国際映画祭』に同作が招待され、主演を務める長澤がレッドカーペットに登場。背中が大胆に開いた朱色のドレスを着こなし、会場は大盛り上がりを見せた。堂々と歩き終えた長澤は「すごくアットホームな映画祭で、素敵な時間を過ごすことができました」「もっともっと日本の映画がいろんな国のいろんな人たちに見てもらえるように努力していきたいと思います」などと、うれしそうに振り返った。

 

「シルエットが完全にマツコ」

しかし、ネット上では長澤が着用していた、背中が大胆に開いているものの〝前はたくさんの生地が使われている〟朱色のドレスに注目が集まったようで、

《前から見たらマツコが着てそうなドレス》
《マツコっぽい衣装だね》
《背中はきれいだけどシルエットが完全にマツコ…》

などと、マツコ・デラックスがよく着用している大きなドレスに見えたとのツッコミの声が多く上がった。

「長澤といえば、09年『美脚大賞』を受賞するなど、言わずと知れた〝美脚〟の持ち主。しかし最近、公の場に姿を見せるときは、いつも足首までしっかり隠した〝ロング丈〟ばかり着ています。また、デザインも凡人のセンスとはかけ離れている〝独特〟なものが多いため、ネット上では『なぜこんなダサ過ぎるのか』『スタイリストに恵まれてない』などと、ツッコミの声が後を絶ちません」(芸能ライター)

ただの布をドレス風に着こなしてしまう長澤。ある意味、長澤にしかできないことかもしれない。