デュオから発売される“豆アジ専用”ワーム『メガロパ』を徹底解剖!!

©株式会社 内外出版社

いよいよ初夏のアジングシーズン突入!!冬の最盛期に比べ、サイズは下がるものの、数釣りを楽しめるのがこの時期。アジング入門にも最適な初夏に向けてデュオから“豆アジ専用”と謳われたワームがリリースされた!!その名も『メガロパ』。単に小さいだけではないこのワームをデュオのテトラワークス牽引役・萩原さんに色々と聞いてみた!

解説してくれたのはこの方!

萩原徹(はぎわら・とおる)さん

全国のアジングフィールドを飛び回るアクティブアングラー

デュオ・テトラワークスブランドの責任者。アジングをメインとしたライトゲーム以外にもルアーフィッシング全般に精通。アイテム開発のため全国のアジングフィールドを飛び回る超アクティブ派アングラー。

豆アジに効果絶大!極小サイズだけど、扁平ボディが水押しパワー&水平姿勢で誘う!

テトラワークス メガロパ(デュオ)

豆アジ専用を謳った極小ワーム。そのフォルムは細かいリブや手足が生えており、微細にアピール。もともと甲殻類の幼生の第2段階(メガロパ)から名付けられ、より扱いやすいような形状へ成形されている小型アジキラー!

製品スペック
●全長:20mm●カラー:全12色●入り数:16本●価格:500円

萩原さん「一口サイズなので、口に入りやすいのはありますね。でも、ただ小さくしたのではなく小型の手足が微細な波動を出して水押しして誘ってくれる。あと、平べったいので軽量なジグヘッドを使うと下へ落ちるというよりフワフワと水平に移動。この2つが豆アジに効果絶大なんです」

水平姿勢で漂うように超スローフォールでアピール

扁平なボディが水の抵抗を受け、超スローに水平移動をするようにフォール。小型だけど細かなリブによって抵抗を感じやすく、微細に水を押してくれる微波動でアジへアピール。しっかりとアジを惹きつけてくれるのだ。

10cmほどの極小サイズのムツ。
萩原さん「口に鋭い歯があって、ガンガンアタックしてきました。メガロパはフワフワと漂うようにフォールしていくので、いろんな魚が興味を持ちやすいんです」

超軽量!0.15~1gのジグヘッドで極小&微波動ワームで漂わせて誘う!

スナイプヘッド新サイズ+メガロパ(共にデュオ テトラワークス)

夜、日中ともに使い方はジグヘッド単体の組み合わせ。どちらも軽量ジグヘッド&小型ワームな上に、水の抵抗を受けながらフォールするメガロパを使うので、漂わせるようにしてアジへアピール! 豆アジの数釣りに最適なセットだ。

ラインスラックを使ったワインドも可能!!

明暗部の境い目をラインテンションを張りすぎず、スラックだけでジグヘッドを動かすイメージ。
萩原さん「スラックが出ているぶん、ジグヘッドが横へ大きくワインドします。フォールもゆっくりなのでスローに誘ってくれます」。

超豆アジもかけられる!

萩原さん「10…何cm!?(笑)。こんな超豆アジも掛けられるので、超軽量ジグヘッドとメガロパの組み合わせを使ってみてくださいね。…いや、思ってるより難しいし、めちゃくちゃ楽しいんですよ!(笑)」

萩原さんの極小ジグ単での実釣模様や更なる詳しいテクニック、内容は『ルアーマガジンソルト8月号』を読むべし!!