奈良警察署で犯人制圧の訓練実施

©奈良テレビ放送株式会社

 凶器を使った犯罪が全国的に相次ぐなか、暴れる容疑者を取り押さえて逮捕する実践的な訓練が、奈良警察署で行われました。

「この訓練の重要性とか必要性をよく認識してもらって、訓練に当たっていただきたい」

 きょうは30人の警察官が参加し、凶器を振り回す人物を警察官が警棒や刺股などを活用して取り押さえる訓練を行いました。また、不審者への職務質問などの設定で、犯罪を未然に防ぐ技術の向上を図りました。

今月、大阪では交番の前で警察官が男に刃物で刺され、拳銃が奪われる事件が起きたこともあり、訓練は普段にも増して張り詰めた空気のなか行われました。

奈良警察署 訓練指導員 菅野 雄介 警部補
「警察官は強いものだということを、今後ともどんどん見せていって県民の不安を取り除くことができればと思っています」