「JOCとスポ協、再統合を」

五輪組織委の森会長

©一般社団法人共同通信社

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は27日、1991年に日本体育協会(現日本スポーツ協会)から独立した日本オリンピック委員会(JOC)について、再統合が望ましいとの考えを明らかにした。JOCの新体制発足に伴い東京都内で取材に応じ、「持論」として「もういっぺん、JOC、スポーツ協会が一本化したらいろんな意味でいいなと思っている」と述べた。

 JOCは政府の圧力に屈してボイコットした80年モスクワ五輪を教訓に、国からの補助金に頼らずに独自財源の確保を目指して独立した経緯がある。