民間機、米大統領機のあおり

大阪から小松に行き先変更

©一般社団法人共同通信社

 福島発大阪行きアイベックスエアラインズ82便(乗客乗員34人)が27日夕、G20に参加する米国のトランプ大統領を乗せた専用機が大阪空港に優先的に着陸した影響で、行き先を小松空港(石川県)に変更した。82便は小松空港にいったん着陸後、午後8時すぎ、再び大阪空港に向かった。

 アイベックスエアラインズによると、大阪行きは福島空港を午後5時40分に出発。予定よりも早く飛来した大統領専用機と着陸見込み時間が重なり、あおりを受けた形となった。

 アイベックス機は、上空で着陸待機をしていると燃料が少なくなると判断し、安全に着陸できる小松空港に行き先を変更した。