落書き容疑でロシア人逮捕

赤坂御用地との関連捜査

©一般社団法人共同通信社

 警視庁組織犯罪対策2課は28日までに、東京都港区の歩道脇に設置された変圧器にスプレーで落書きしたとして、器物損壊の疑いでロシア国籍の自称アーティスト、ペソチヌイ・グレフ容疑者(23)を逮捕した。近くの赤坂御用地の石垣でも同様の落書きが確認されており、関連を捜査する。

 組対2課によると、ペソチヌイ容疑者は「私はどこにも落書きしていない」と否認している。現場周辺の防犯カメラの画像を分析した結果、浮上した。27日に沖縄県内で逮捕された際、スプレー缶などを持っていた。

 赤坂御用地には、天皇ご一家が住む赤坂御所がある。