北朝鮮、思考まひと文氏発言非難

朝鮮戦争巡り、米韓けん制強める

©一般社団法人共同通信社

28日、ソウルの米国大使館近くで掲げられたバナー。左から北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長、韓国の文在寅大統領、トランプ米大統領(AP=共同)

 【北京共同】北朝鮮の対南宣伝サイト「わが民族同士」は28日、韓国の文在寅大統領が最近、朝鮮戦争(1950~53年)は「北の侵略」だったと述べたことなどを巡り、「まともな思考と精神がまひした者の奇怪な醜態だ」と非難した。

 北朝鮮は27日にも外務省北米局長談話で、米朝の非核化交渉について「当事者はわれわれと米国であり南朝鮮(韓国)当局が口出しする問題ではない」と文政権を批判した。トランプ米大統領が29~30日に訪韓するのを前に米韓の連携をけん制する狙いがありそうだ。

 文氏は24日、「北の侵略に打ち勝った」と語り、米軍の犠牲と米韓同盟をたたえた。