GT4コンセプトなど『GRスープラ』3台がグッドウッドで走行へ。谷口信輝もドリフト&ヒルクライム出場

©株式会社サンズ

 トヨタは7月4~7日、イギリスで行われるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに出展すると発表。市販『GRスープラ』など3台の新型スープラをヒルクライムで走らせるほか、TOYOTA GAZOO Racingのレーシングカーなどを会場に展示する。

 イギリス南部のウエスト・サセックス州、グッドウッドを舞台に毎年開催されているグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FoS)は、世界各国のレーシングカーやラリーカー、二輪マシンなどが集結するモータースポーツの祭典として知られるイベントだ。

 2018年、トヨタはこのFoSに市販前の新型スープラ“A90カモフラージュ”を持ち込み、F1マシンも走行する伝統のヒルクライムコースで、同モデルの走行を世界中から集まったファンの前で初披露している。

 あれから1年、まもなく開催される2019年のFoSでトヨタは再びフラッグシップスポーツカーを走らせると発表した。しかし、今年はカモフラージュを脱ぎ捨てた市販GRスープラだけでなく、ジュネーブショーで初披露された『GR Supra GT4 Concept』、さらにドリフト仕様にカスタマイズされた『Toyota GR Supra Drift by HKS』という計3台のGRスープラが登場する予定だ。

斎藤太吾がD1グランプリへ投入するGRスープラのドリフト仕様車

 注目のヒルクライムでは、市販モデルをチーフエンジニアの多田哲哉が2年連続でドライブすることに。GT4コンセプトにはWEC世界耐久選手権で活躍中のマイク・コンウェイが収まる。

 また、ドリフトマシンにはスーパーGT GT300クラスチャンピオンで、ドリフトドライバーとして名高い谷口信輝が乗り込むことが決まった。谷口はヒルクライムに加えて新設のライブ・アクション・エリアでも、HKSがカスタマイズし700馬力を発揮するモンスターマシンを用いてGRスープラの新たな一面をアピールするという。

 このほか、会場のトヨタスタンドでは2019年のル・マン24時間で総合優勝を飾った8号車トヨタTS050ハイブリッド、トヨタ車として初めてダカールラリーを制したトヨタ・ハイラックス、ニュルブルクリンク24時間で“モリゾウ”がスタートスティントとフィニッシュスティントを担当して完走したGRスープラ、さらにWRC世界ラリー選手権で今季すでに3勝を挙げているトヨタ・ヤリスWRCのレプリカなどが展示される予定だ。

 なお、さまざまなメーカーや車種、カテゴリーのクルマが集うグッドウッドでは、トヨタ公式の出展以外にも1980~90年代に活躍したトヨタのラリーカーや2008年のF1マシン『TF108』など個人、非公式団体が所有するマシンの参加も予定されている。

2018年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに登場した新型スープラのプロトタイプ
スタートから24時間後のチェッカーを受けるGRスープラとレクサスLC