古川雄輝主演で殺人鬼“トレミー”がスピンオフドラマ化!「殺人分析班」シリーズ

©株式会社東京ニュース通信社

WOWOWプライムでは、大人気シリーズ「殺人分析班」のスピンオフドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」を古川雄輝主演で10月(放送日時未定)に放送することが決まった。

「殺人分析班」シリーズは、麻見和史氏の原作をもとに2015年「石の繭」、16年「水晶の鼓動」と過去2回WOWOWオリジナルドラマとして映像化。捜査一課の刑事となった如月塔子(木村文乃)が、相棒であり上司の鷹野秀昭(青木崇高)をはじめとする捜査一課のメンバーとさまざまな猟奇殺人事件に立ち向かうストーリー。

モルタルで体を固めて殺すという手口が衝撃的だった殺人鬼“トレミー”こと八木沼雅人(古川)が「石の繭」で塔子らを脅かし、「水晶の鼓動」では塔子ら警察のピンチを救う。今回のスピンオフでは同シリーズでアイコン的キャラクターとなった八木沼がトレミーへと変貌を遂げるまでの姿を描くドラマオリジナルストーリーとなる。

本作で野木直哉と名前を変えた八木沼雅人を演じる古川は「スピンオフが制作されることは役者としてとてもうれしいことです。自分が演じた役をもう一度やれる喜び、そして、まさか犯人役で参加した作品で主役を務めることができると思っていませんでした」と喜び。見どころについては「原作では描かれていない八木沼雅人の心情や葛藤、猟奇的殺人犯“トレミー”を演じる上で想像するしかなかったバックグラウンドが、今作で垣間見え、脚本を読んでいてとても面白かったです。スリリングな展開を皆さまに楽しんでいただければ」とアピールしている。