西日本と東日本を中心に大雨に警戒

©株式会社ウェザーマップ

停滞する梅雨前線の影響で、来週の前半にかけて、西日本から東日本を中心に大雨となるおそれがあります。

西日本から東日本に停滞する梅雨前線には、30日も湿った空気が流入する見込みです。南から流入するこの空気は、かなり暖かく湿っているため、雨量が増えて大雨となりそうです。
特に九州から四国では、同じ地域で雨雲がかかり続ける可能性があるため、土砂災害や河川の増水などに警戒が必要となります。
また、前線上の低気圧が接近する北陸など東日本でも、午前中を中心に雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。

昨年の豪雨災害から一年が経とうとしていますが、今年も豪雨に警戒が必要です。

気象予報士・原田 雅成

画像について:早期注意情報(大雨)