日本ハム、逆転負けで今季初5連敗 栗山監督も表情厳しく「ただ、ただ悔しい試合」

©株式会社Creative2

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

2度の勝ち越しも9回に石川直が上林にランニング2ランを浴びる

■ソフトバンク 5-4 日本ハム(29日・札幌ドーム)

 日本ハムは29日、本拠地で首位のソフトバンクに手痛い逆転負けを喫した。今季初の5連敗で最大「8」あった貯金は「0」に。順位は4位のままながら首位とのゲーム差は今季最大の「5」に開いた。

 2度の勝ち越しも実らなかった。1点を追う4回に渡邉諒内野手がソフトバンクの先発・大竹の初球116キロのスライダーを捉えて左中間へ逆転3ラン。同点に追いつかれた直後の5回には大田泰示外野手の犠飛で勝ち越した。

 1点のリードを6回から西村天裕投手、宮西尚生投手、ロドリゲス投手とつないで守り、9回は抑えの石川直也投手がマウンドへ。簡単に2死を奪った後に内川に右前打を許し、続く上林の左翼フェンス上部を直撃するランニング2ランで逆転された。

 試合後、投手8人を注ぎ込む執念を見せた栗山英樹監督は「ただ、ただ悔しい試合。一つ一つみんなで我慢して勝っていくしかない」と厳しい表情だった。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)