日本の商業捕鯨再開は「不名誉」

英メディアが批判、抗議デモも

©一般社団法人共同通信社

29日、英ロンドンで、日本の商業捕鯨再開に抗議して繁華街をデモ行進する人々(共同)

 【ロンドン共同】日本が商業捕鯨の再開に向けて国際捕鯨委員会(IWC)を30日に脱退するのを前に、反捕鯨国である英国の主要メディアは29日、「不名誉な決定」(タイムズ紙)などと日本政府の対応を批判した。

 ロンドンでは抗議デモが行われた。BBC放送は電子版で「国際的な批判を無視して日本が商業捕鯨再開」と報道。タイムズは社説で、日本では鯨肉の需要もなくなりつつあり、再開は「単に国粋主義に基づくものだ」と指弾、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の開催国としてルールに基づく国際秩序を日本が訴えても「空々しく聞こえる」と痛烈に皮肉った。