旅コーデはお洒落&快適に!おすすめの服装【5】女子旅編

©株式会社オンエア

【インスタ映え】

マキシワンピース

女子旅で欠かせないのがSNS映えする観光地。着る服は「訪れる場所の世界観に合わせる」のがポイントです。例えば南国ビーチであれば、青い海に映えるような鮮やかなマキシドレス。アクセサリーはゴージャスで大きめなものを。

白ワンピース x きれい色カーディガン x 小物

花畑には清楚な雰囲気のホワイトワンピがおすすめ。黄色のカーディガンがより一層背景とマッチしてます。さり気なく手に持つ小物にもこだわりたいところ。

ペアルック

全く一緒のペアルックだと気恥ずかしい方も多いと思いますが、同じデザインの柄違いや色違いなら挑戦しやすいはず。他にも一人はトップスを赤、もう一人はボトムを赤にするなど、場所を変えてお揃いにすればこなれ感も出て◎。また、帽子やサングラスなどの小物なら、現地でお揃いの物を調達しやすくおすすめです。

チェックシャツ x 白トップス

街の雑踏によく合うのがチェックシャツ。定番スタイルでありながら、コーデのアクセントにもなるので、一枚持っておいて損はないでしょう。着ても良し、腰巻きしても良し、バリエーションも豊富。インナーにはシンプルな白のトップスを用意しておけば着回しの際重宝します。デニムを始め、スカート・ワイドパンツ・レギンスなど・・・ボトムを変えることでガラッと違う印象に。また、ロング丈のシャツは、ワンピースにもコートにもなってくれる優れもの!

【食べ歩き】

ロングワンピース x ショルダーバック x スニーカー

食べ歩きの際両手を空けるのは大前提、バッグは斜めがけできるショルダータイプがおすすめです。そして疲れにくいスニーカーもマストアイテム。歩き回っていると気になりだす足のむくみは、ロングワンピでカバーしちゃいましょう。

【温泉巡り】

フレアスカート

温泉巡りに着ていく服は、ずばり着脱のしやすさがキーと言えるでしょう。道端や駅などに足湯があることも多く、さっとまくれるフレアスカートが便利。逆にタイツやタイトデニムなど、脱ぎづらいアイテムは向かないので注意が必要です。

【パワースポット】

きちんと感のあるネイビーワンピース x ヒールなしパンプス

恋愛成就の神社やお寺など、パワースポット巡りは女子旅の定番コース。神聖な場所なため、コーデには気をつけたいところです。まずミニスカートやオフショルダーなど、露出の多い服は控えましょう。サンダルもNG、つま先がかくれたシューズが望ましいですね。

ジーンズは元々作業服なので、神様の前に立つ服装としてはふさわしくありません。サングラスや帽子は、鳥居をくぐる前にはずしましょう。おすすめは清潔感のあるワンピース、袖があり丈は長め、ネイビーなど落ち着いたカラーが良いですね。石畳や段差の大きい階段など歩きづらい場所も多いので、ヒールのないパンプスと合わせましょう。

さて今回は、女子旅のテーマ別におすすめのコーデをご紹介しました。次回は一人旅編をお届けします、お楽しみに!

[All Photos by shutterstock.com]

旅の服装と持ち物、以下の記事も要チェック!

『旅コーデはお洒落&快適に!おすすめの服装【1】アジア編』

『旅コーデはお洒落&快適に!おすすめの服装【2】欧米編』

『旅コーデはお洒落&快適に!おすすめの服装【3】ビーチリゾート編』

『旅コーデはお洒落&快適に!おすすめの服装【4】東京編』

『海外旅行で使える!「ダイソー」の便利なトラベルグッズ8選』