『テレ東音楽祭』“攻め過ぎ”! 酒井法子の曲を紹介する田代まさしwww

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)marionbirdy / Shutterstock

6月26日に放送された『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)の平均視聴率が、番組歴代最高の9.7%を記録したことが分かった(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。同番組は今年6回目を数えるが、2015年には5.8%を記録するなど数字的に振るわず、今回、10%に迫る勢いだったのは、まさに快挙と言っていいだろう。

最高視聴率はバブルガム・ブラザーズがヒット曲『WON’T BE LONG』を熱唱している瞬間だったが、それとは別に視聴者の注目を集めたのが、元『KARA』のハラが出演した場面だった。

自殺未遂騒動後、初めてのテレビ出演となったハラは、MC・国分太一の問い掛けに体調が良好なことをアピール。張り切ってヒット曲『ミスター』のパフォーマンスに及んだが、直後にハプニングが発生した。

「ダンスパフォーマンス中にハラの衣装がズレ落ち、〝ヌーブラ〟が丸見えになってしまったんです。ハラはそのことに気付かず、数十秒間、くっきりと浮かび上がった胸元がさらされたままでした。決して巨乳とは言えませんが、形のいいオッパイが激しく揺れるたびに、視聴者から歓喜の声が上がりました」(テレビ誌記者)

ネット上では、

《うおーすげーハプニング!》
《めちゃ揺れてるじゃん。マジ興奮してきたわ》
《やば!ヌーブラまで落ちそうだよ》
《復帰アピール大成功だなw》

など、大きな反響を呼んだ。

番組は生放送だっただけに、一歩間違えば〝ポロリ〟の可能性も。ハラにとっては〝ハラハラ〟だったに違いない。

 

テレ東ノリノリで攻め込む

また、他にも視聴者の注目を集めた場面が多数登場した。

「酒井法子のデビュー当時のシーンが放送されましたが、何と曲紹介をしていたのが田代まさしだったんです。当時はともに売れっ子同士ということで、当たり前の組み合わせだったのでしょうが、今となってはまさかの〝違法薬物コンビ〟となってしまいましたね。わざわざ『ナレーター田代まさし』とテロップが入っていたことで、ネット上では『テレ東攻めてるなw』『当人たちも苦笑しているに違いない』など、一時はトレンドワードになるほどの大反響でした」(同・記者)

さらにはヒット曲メドレーのコーナーで、近藤真彦から中森明菜に続く流れや、中川翔子と小林幸子が歌う場面で大量のピカチューの着ぐるみが登場するなど、見どころ満載の構成だった。

〝ブッ飛んだ〟演出はまさにテレ東の真骨頂。放送されたばかりとはいえ、早くも来年の放送を楽しみにしている視聴者も多いに違いない。

 

【画像】

marionbirdy / Shutterstock