西・東日本で豪雨、災害に警戒

熊本県付近で線状降水帯が発生

©一般社団法人共同通信社

大雨で増水した熊本県宇土市の潤川=30日午後3時10分

 梅雨前線の影響で30日は西日本を中心に局地的に非常に激しい雨が降り、熊本、愛媛両県では避難勧告が出された。東日本では7月1日、西日本で3日ごろまで大雨になり、総雨量が増えるとして、気象庁は土砂災害、河川の増水・氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風の恐れもある。

 気象庁によると、30日午後までの24時間雨量が200ミリを超えた熊本県付近で積乱雲が次々と発生し大雨をもたらす「線状降水帯」が発生した。線状降水帯は7月1日にかけても九州などで発生する可能性があり、非常に激しい雨が数時間続くこともあることから十分な注意が必要だ。