警戒レベル4は早めの避難を 

©株式会社ウェザーマップ

1日(月)も九州を中心に雨の量が多くなっています。宮崎県のえびの市では3日間で600ミリ、鹿児島や熊本でも300~400ミリ以上の雨が降っており、午前11時現在、鹿児島や宮崎には土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。これは気象庁が定義する警戒レベル4にあたり、災害が発生するおそれが極めて高い状況を意味します。自治体からの情報をこまめに確認し、事態が悪化する前に早めの避難を心がけていただきたいと思います。

西日本を中心に大雨をもたらしている前線は、少なくとも4日頃にかけて西~東日本の太平洋側に停滞する見込みです。そのため、西~東日本を中心にこの先も雨が降ったり止んだりする天気となるでしょう。1日は四国~関東では夕方以降雨が止み、帰宅時間は曇り空となる所が多いですが、九州では2日にかけて激しく降る所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に引き続き警戒が必要です。

気象予報士・佐藤 温子

画像について:3日(水)正午までの48時間の降水量