北方領土含む地図に「お好きなように、いずれにしろ我々のもの」

G20・PRビデオでロシア紙特集

©株式会社全国新聞ネット

太田清

共同通信大阪支社統括整理部長

太田清

共同通信大阪支社統括整理部長

共同通信社入社後、広島支局、大阪社会部、外信部、経済部、ベオグラード支局、モスクワ支局、ローマ支局、47NEWS編集長などを経て2019年10月より現職。イトマン事件、阪神大震災、コソボ紛争、ユーゴ空爆、モスクワ劇場占拠、アフガン紛争、ギリシャ財政危機、東日本大震災などを取材。

太田清の記事一覧を見る
 G20大阪サミットでロシアのプーチン大統領(左)を迎え、握手する安倍首相=6月28日午前、大阪市(代表撮影)

 ロシア紙イズベスチヤ(電子版)は1日、6月28~29の両日開かれた20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の場で、北方領土が日本領土であることを示す地図が写ったビデオクリップが放送されとした上で、ロシア外務省や議員らの反発を伝える特集記事を掲載した。記事の中でロシアの外交筋は、日本はこれまで何度も同様の地図を公表、ロシア外務省は抗議の意を示してきたものの事態は変わらず、結局は「好きなように表示すればいい。いずれにしろ島は我々のもの」と黙殺する態度に落ち着いていると語った。

 問題とされたビデオクリップは、関係閣僚会議を含むG20の開催地を紹介するビデオのうち、首脳会議開催地の大阪を紹介するもので、首相官邸のユーチューブチャンネルや政府の公式サイトにも掲載された。冒頭で日本地図が大写しにされ、大阪の位置が表示されるが、はっきりと分かる形で北方領土も日本領として表されている。

 外交筋は「日本はいつも、例外なくすべての地図に」北方領土を日本領として表示してきたと説明。日本が「北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律」に基づき北方領土を「我が国固有の領土」と明記している点も挙げた上で、ロシア外務省が抗議を繰り返してきた事情を強調した。

 また、ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長は「会議の主催者として、ロ日間の論争をG20のような国際的な場に持ち出すのは、全く間違った行動だ。小屋からごみを持ち出す(身内のいさかいを他人に触れ回る例え)ようなものだ」とした上で、日本政府に抗議を申し入れることも検討すると語った。

 一方、上院のプシコフ情報政策委員長は「地図の問題については冷静に対処すべき。この問題を論争の種にするような行動は意味がない」と指摘した。

 特集記事は中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島についても、日本が自国領として表示している点も紹介している。 (共同通信=太田清)