和歌山・高野山で初の木製五輪塔

1万基超、江戸時代後期に奉納か

©一般社団法人共同通信社

高野山で発見された木製五輪塔を手にする添田隆昭宗務総長=1日、和歌山県高野町

 和歌山県高野町の高野山霊宝館は1日、高野山円通寺で1万基以上の木製五輪塔が発見されたと発表した。高野山には石の五輪塔が数十万基あるが、木製の発見は初めて。「八万四千宝塔」と呼ばれ、江戸時代後期に庶民が奉納したとみられる。

 霊宝館によると、4月に円通寺本堂の須弥壇の下で縦横30センチ、高さ90センチ前後の木箱が16個見つかった。箱の中を調べると、高さ約9センチ、幅約3センチの小さな木製五輪塔が大量に入っており、1箱に約千基収まることから、全部で1万数千基あるとみられる。

 一部は今月20日に始まる霊宝館の大宝蔵展で特別公開する。