ラッセル「トロロッソ・ホンダやハースを抑えることもできた。明るい面も見えてきている」ウイリアムズ F1オーストリアGP日曜

©株式会社サンズ

 2019年F1第9戦オーストリアGPが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは18位、ロバート・クビサは20位だった。

■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=18位
 最初のうちはトロロッソ勢やハースと戦い、少しは彼らを抑えることもできたし、終盤には(ケビン・)マグヌッセンの追撃を退けることができた。まだ他のチームとの間には大きな差があるものの、明るい面もいくつか見えている。

 今日の序盤の数周は良かった。ロバート(・クビサ)と(ダニール・)クビアトを一度にパスできたのには自分でも驚いたよ。あれはうまく決まった。最初から最後まで本当に全開でプッシュしていたから、誰かがそれに気づいていたらうれしいね。

 今はまだ辛抱して、クルマにもう少しダウンフォースが与えられるまで待つしかない。

ロバート・クビサ 決勝=20位

2019年F1第9戦オーストリアGP ロバート・クビサ(ウイリアムズ)

 厳しいレースだった。とにかくペースが遅かった。オープニングラップでいくつか順位を稼いだものの、その後はハンドリングが本当にひどかった。ポジションを守ろうといくら頑張っても、相手を抑えておくのが難しい状況だった。

 全体としてグリップ不足で、このように暑いコンディションになると、オーバーヒートの問題もあってタイヤのダメージが進行し、さらにスライドが激しくなっていた。