元モー娘。は市井だけじゃない紺野あさ美にも注目! プロ野球選手の妻となって驚異の13品晩御飯がスゴい!!

©TABLO

最近、モーニング娘。OGの市井紗耶香さん(35)の政治家転身がおおいに話題となりましたが、同じくOGの元テレビ東京アナウンサー・紺野あさ美さん(32)もあることを頑張っているとして一部で話題となっています。

紺野さんは6月26日放送の『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』(TBS系)に出演。番組では紺野さんが夫である日本ハムファイターズの杉浦稔大選手のために料理作りに奮闘する姿が紹介されており、紺野さんは「鳥ハムネギ塩だれ」「豚肉のプルコギ」「サケのちゃんちゃん焼き」「じゃがいもの豆乳入りグラン」「カボチャの煮物」とメインのおかず合わせて5品、さらに「パプリカとブロッコリーの温野菜サラダ」「クレソンと豆腐のサラダ」「アボカドとミニトマトのサラダ」「北海道産北海シマエビ春雨サラダ」「極太ゆでアスパラ」とサラダ5品、そして「三十雑穀米」「みそ汁」「季節のフルーツ」と、驚異の13品を作ってみせたのです。

https://ameblo.jp/asami-konno0507/
紺野さんのブログでは放送日のメニューが確認できます

ぜったいに見逃せない紺野あさ美オフィシャルブログ

番組放送後、紺野さんの手料理について視聴者からは「食器のチョイスもいいし盛り付け上手だね」「普通に美味しそう」「小さい子どもがいてこんなに作れるって凄いな〜」と感心の声が上がっていました。

「紺野さんはモー娘。に入った時から歌も踊りもトークも演技もイマイチと才能に恵まれるタイプではありませんでしたが、努力家なのは当時から知られていました。あの当時の大エース・後藤真希さんも紺野さんには一目置いており、過去のインタビューにてミュージカルのメインに抜擢された紺野さんがリハーサル初日からセリフを完璧に全部覚えきたエピソードを披露し、その努力と根性に感動したことを明かしています」(古参のモーニング娘。ファン)

https://ameblo.jp/asami-konno0507/entry-12486178397.html
テレビの企画のない日も普通に11品を作っている努力家の紺野さん

紺野さんは2001年8月に5期メンバーとしてモーニング娘。に加入。2006年7月に大学進学を目指すために同グループを卒業し、同年12月に慶應義塾大学環境情報学部のAO入試に合格。2009年にテレビ東京のアナウンサー試験に合格し、2010年にテレビ東京に入社。2017年1月に杉浦選手と結婚し、3月に家庭優先のため同局を退社されています。その後同年9月に女児を出産、2019年2月には男児を出産。現在は夫の所属する日本ハムファイターズの本拠地がある北海道で家族4人で暮らしています。

「夫が野球選手、料理を頑張っているという点で、紺野さんをかつてのハロプロの仲間・里田まいさんと比べる声も多いですね。里田さんは35歳ですが2002年1月にハロプロに加入しているので、紺野さんのほうがやや先輩。2人は2003年から『カントリー娘。』で一緒にグループ活動したり、フットサル選抜チーム・ガッタスで一緒にプレイするなどした仲間。現在も仲は良好でLINEで連絡を取り合っていることを公言していますから、紺野さんが里田さんに刺激を受けていることは間違いなさそう」(テレビ局勤務)

里田まいさんといえば2012年に当時東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた田中将大投手と結婚後、ブログで美味しそうな料理の写真を頻繁にアップし、いち早く“料理上手の野球選手妻”というポジションを築き上げたことで知られています。

「里田さんはハロプロ卒業生の中ではダントツ一番の玉の輿成功者。世間からも“夫を支える料理上手の良妻”と評判が良い。努力家の紺野さんが、そんな里田さんに負けじと頑張らないわけはないでしょうが、ネットではそんな紺野さんに対し『その枠は里田まいで間に合ってます』『押切もえちゃんのほうが(料理が)すごかった』という声が出ていたのも事実。スポーツ選手の妻を選んだタレントは、とにかく料理でマウントを取らなければならないから大変ですよね」(芸能事務所勤務)

「紺野さんより上手」の声も多い押切もえさんの手料理(押切さんインスタグラムにて)

アイドル、アナウンサー時代も努力を重ね、現在は野球選手の料理上手妻として頑張っている様子の紺野さん。“タレント妻の料理マウント合戦”に夢中になりすぎて体を壊さぬよう、手を抜く時は手を抜いて欲しいものです。(文◎小池ロンポワン)