粘着テープ巻かれた女性遺体遺棄、住人男や市職員ら3人起訴

©株式会社京都新聞社

女性の遺体が見つかったアパートを調べる府警の捜査員(6月12日午後、向日市上植野町薮ノ下)

 京都府向日市上植野町薮ノ下のアパート「寿荘」の駐車場で先月、粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかった事件で、京都地検は2日、死体遺棄の罪で、住人の男(55)と向日市職員の男(29)=京都市西京区川島野田町、無職の男(52)=右京区西院三蔵町=の3人を起訴した。

 京都府警によると、遺体の女性は、住人の男と同居していた無職の女性(43)=大阪市住吉区長居東3丁目=と判明。死因は特定されていないが、全身に殴られたような複数の痕があった。住人の男は「殴って死なせた」との趣旨の供述をしているといい、府警は、男が女性の死亡に関与した疑いがあるとみて捜査している。

 起訴状では、3人は共謀し、6月1~4日、アパート1階の男の部屋で、女性の遺体を防炎シートで包んで粘着テープを巻き付け、大型冷凍庫に隠し入れるなどしたとされる。5日に事情を知らない業者に依頼し、冷凍庫を市職員の名義で借りたアパート2階の一室に運ばせ、11日、住人の男と市職員が部屋から遺体を運び出し、駐車場に置いて立ち去ったとしている。

 捜査関係者によると、生活保護費を受給する男は、担当ケースワーカーの市職員に過去の犯歴を告げたり、「自分は元暴力団組員」などと繰り返し脅していたという。府警は、男が市職員を精神的に追い込み、主従関係を作った上、無理やり遺棄を手伝わせた可能性が高いとみている。

 事件を巡っては、先月11日午前11時ごろ、近隣住民から「異臭がする」と110番があり、駆け付けた向日町署員がアパート駐車場で女性の遺体を見つけた。