大雨吉都線の土砂流出 運休、復旧めど立たず

©株式会社宮崎日日新聞社

線路下が一部崩壊し、不通となっているJR吉都線の現場=2日午後、小林市南西方

 県内は2日、発達した梅雨前線が九州に停滞し、県南部と西部を中心に激しい雨が降った。長引く大雨による地盤の緩みから県内の広い範囲で土砂崩れが発生。小林市のJR吉都線は線路下の土砂が大規模に流出し、全線で終日運休となった。復旧のめどは立っておらず、通勤・通学への影響も長引く可能性がある。3日も1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降る予報で、宮崎地方気象台は土砂災害や河川の増水や氾濫に注意を呼び掛けている。