動画再生回数「1000万回」を超えるヨルシカ、新作『エルマ』に感じる“作家としての懐の深さ”

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲20曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。7月1日(月)のオンエアでは、ヨルシカの『心に穴が空いた』を紹介しました。

■人間的な表現に重きを置いた作品が作りたかった

ヨルシカは、ボカロPでありコンポーザーでもあるn-bunaさんが、今までに行ったライブでボーカルを務めていたsuisさんを迎えて結成したバンドです。8月28日(水)にリリース予定の2nd Full Album『エルマ』の収録曲から、『心に穴が空いた』がJ-WAVE SONAR TRAXに選ばれました。

suisさんとの出会いと、バンドを組んだ理由を教えてもらいました。

n-buna:作曲家としての仕事の中で、アーティストに提出する用の仮歌を録れる方を探していて、そこから知り合いました。(バンドを組んだ理由は)音楽活動において、人間的な表現に重きを置いた作品が作りたかったからです。

suisさんとの出会いをきっかけに結成した「ヨルシカ」は、2017年4月に初の楽曲『靴の花火』のミュージックビデオを投稿。動画再生回数は1000万回を超えています。そこから人気に火がつき、その後、1st Mini Album『夏草が邪魔をする』、2nd Mini Album『負け犬にアンコールはいらない』をリリース。今年4月には、1st Full Album『だから僕は音楽を辞めた』をリリースしました。

■前作と対になるコンセプトで書いた楽曲

そんなヨルシカは、8月28日(水)に2nd Full Album『エルマ』をリリースします。こちらはどんなコンセプトで作られたアルバムなのでしょうか。

n-buna:前作『だから僕は音楽を辞めた』は、音楽を辞めた青年から送られた手紙と楽曲を収録した作品となっています。今作は、それを受け取った主人公が残されたものに影響されて、日記と楽曲を書いていく。そんな流れになっています。楽曲ひとつひとつが、前作の青年に影響された歌詞、楽曲として作られています。

また、J-WAVE SONAR TRAXに選ばれた『心に穴が空いた』は、どんな曲に仕上がったのでしょうか。

n-buna:最新アルバムは前作と対になるコンセプトで書いたので、前作に収録されている『夜紛い』という曲と重なるように歌詞を書き始めました。サウンドは、ドラムの音で楽曲の方向性が決まると思っているので、スネアのチューニングやリリースの長さから詰めました。僕の歌詞は暗いので、伴奏は重くならないよう、疾走感を持った作りを意識しています。

番組ではヨルシカの『夜紛い』と、J-WAVE SONAR TRAXの『心に穴が空いた』をオンエアしました。

曲を聴いたあっこゴリラは「なるほど。『夜紛い』の方はマシンガン撃つ側の視点で書いて、『心に穴が空いた』は撃たれた側の視点なんですね。これ本当にすごいと思います。どちらの曲も書く側の作家性があって、それを対にして出すということは、n-bunaさんの作家としての懐のデカさというか……勉強になりました。素晴らしいリリックで、引き込まれました」と感想を述べました。

2nd Full Album『エルマ』は、8月28日(水)リリースです。前作もあわせて、ぜひチェックしてみて下さい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

【関連タグ】
SONAR MUSIC   SONAR TRAX   あっこゴリラ   ヨルシカ   音楽   邦楽