九州南部 土砂災害等に厳重警戒

©株式会社ウェザーマップ

西日本の太平洋側は局地的に非常に激しい雨が降り、九州南部は朝まで1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降るおそれがあります。これまでの大雨で、土砂災害や洪水の危険度が非常に高まっている所があるため、土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。今後、猛烈な雨(または非常に激しい雨が)同じ地域で数時間続くような場合、大雨特別警報が発表される可能性があります。

近畿や東海でも3日夜から4日朝にかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る予想です。また、東京周辺は4日朝、通勤通学の時間帯は激しい雨により交通機関に影響が出るかもしれません。連日の蒸し暑さで寝不足気味ですが、時間に余裕を持ちましょう。

気象予報士・高橋 和也

画像について:4日の天気予報。