琉球銀行本店が仮移転 本店ビル建て替えで来年10月に 那覇市東町の那覇ポート支店跡

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄県那覇市の琉球銀行本店

 琉球銀行(川上康頭取)の本店ビル建て替えに伴う仮移転先となる「那覇ポートビル(仮称)」の建設工事が沖縄県那覇市東町で始まっている。国道58号旭橋交差点に面した那覇市東町の旧那覇ポート支店跡で、仮移転の期間は2020年10月~24年2月を予定している。

 「那覇ポートビル」は9階建てで、友好会社の那覇ポートビルディングが建設を進めている。20年9月末の完成を予定し、現在はくい打ち工事が進められている。琉銀は本店や琉球リース総合ビル内の本部各部を集約して仮移転する計画で、賃貸で入居する。

 琉銀は昨年10月、那覇市久茂地にある本店ビルを建て替え、23年12月から営業を始めると発表。新ビルには本店機能のほか、連結子会社を集約する方向で検討している。

 

(写図説明)琉球銀行本店の仮移転先

琉球銀行本店の仮移転先