時代はキャッシュレス!ポイント還元やコード決済…。何をどう使うのが便利なの?

©株式会社オプテージ

2025年に開催される大阪・関西万博をひとつの目標として、政府からは『キャッシュレス·ビジョン』が発表されたほか、10月の消費税増税に伴い、還元事業も行われるなどキャッシュレスを始めるなら今がチャンス。しかし、ひと口にキャッシュレスといっても指す対象はさまざま。主にどんな種類があり、どんな使い方があるのでしょうか。また、普段の生活でどんな使い方をしているのか、ユーザーの声も聞きました。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレスとはその名前通り、現金を使わずに決済をすることや方法を一般的には指します。最近話題となっているLINE PayやPayPayはもちろん、クレジットカードやプリペイドカードでの支払いもキャッシュレス決済です。特に近年話題になっているモノなどを大きく分けると次のように分けられます。

カード使用·前払いタイプ
Suicaやnanaco、WAONなど、カードに現金をチャージして使用するもの。現金と併用して普段使用している人が多い方法。備え付けられた端末にかざして使用することがほとんど。

カード使用·後払いタイプ
PiTaPaやQUICPay(コード決済もあり)など専用のカードに、クレジットカードを登録し、後日支払うタイプ。サインなどは不要のため、クレジットカードよりも気軽に使用できます。

上記のタイプはほかのカードなどで見た目にも見慣れていることもあり、分かりやすいのではないでしょうか。しかし特に最近話題になっているものがコード決済をするもの。具体的にはアプリなどで表示させたQRコードやバーコードなどを、レジなどで店員さんに読み取ってもらうパターン。そして店舗側から表示されたQRコードを自分のスマートフォンで読み取るパターンの2通りがあります。

コード決済·前払いタイプ
LINE PayやPayPay(後払い方式も可)などがこのタイプ。事前に銀行口座を登録しておき、必要な分をチャージして使用します。

コード決済·後払いタイプ
クレジットカードを各アプリなどに登録しておくことで、後日クレジットカードの請求にまとめる方法です。d払いなど、携帯の使用料金に合算されるものもあります。

たくさんあるスマホでのキャッシュレス決済。どう使うのが便利でお得なの?

キャッシュレス決済が現在注目されているのは、スマホでの決済手段を提供している各社が、高い還元率でポイントを付与していることが大きな理由。その背景には、冒頭でも触れた政府によるキャッシュレスビジョンのほか、今年10月の増税に伴い「キャッシュレス・消費者還元事業」という事業が推進されていることも影響しています。これは10月に控えた消費税の増税後、9か月間の期間限定でポイント還元を支援するほか、キャッシュレス決済を導入する事業者にもお得な施策が盛り込まれているなど、さまざまな方法でキャッシュレス化を後押ししているのです。

とはいえ、特にスマホを使った決済手段は、どのように使うのが便利なのでしょうか。実際に使用している方に実情を聞いてみました。

30代男性 Aさんの場合

「主にPayPayとLINE Payを使っています。キャンペーンをきっかけに使い始めましたが、今では本当に手放せません。2つのうちでも特によく使っているのはPayPay。僕はソフトバンクユーザーでもあるので、他の人よりキャッシュバックの確率が上がったりと、様々な特典があるんですよ。それとヤフーカードにはTポイントも付くので、一回の決済でヤフーカードのポイントとTポイント、そしてPayPayのポイントの3種類が溜まります。それとLINE Payも使っています。こちらは特に大きな理由はありませんが、使用できるお店とキャンペーンをチェックして、よりお得な店舗で使用しています。あと今注目しているのはメルペイ。メルカリの売上が使えることと、キャンペーンの還元率の高さが魅力ですね。デメリットは特に感じていませんが、PayPayは一回のチャージ金額が決まっているので、大きな買い物をする際にはコツコツチャージをしておかないといけません。それくらいですね。普段の生活では携帯さえあれば買い物ができるので、本当に重宝しています」

30代女性 Bさんの場合

「使えるお店が多いこともあって、PayPayとLINE Payがメイン。ちょっとしたお出かけなら財布がいらないくらいですね。ただ、スマホのバッテリーの残量は凄く気にするようになりました。もちろん現金も持ち歩くので困りませんが、ちょっとでも得したいですよね(笑)。あとLINE Payは請求書払いという項目があって、公共料金も支払えます。手数料がかからないので、クレジットカードで払うよりもお得なんですよ。それと私は『マネーフォワード』という家計簿アプリを使っているんですがLINE Payと連動できるので、よりお金の管理がしやすくなりました。キャンペーン情報はアプリ毎に細かくチェックしており、お得なものを開催しているお店を選んでは買い物するようになりました。まだまだスーパーでは使える所が少ないので、早く増えてほしいですね」

20代男性 Cさんの場合

「大規模なキャンペーンが行われていたときにスマホのキャッシュレス決済を始めました。でも、クレジットカードや銀行口座など、大切な情報を登録することに少し怖さもあって、今使っているのは現金でチャージできるLINE Payのみ。もともとLINEは使っていたので新たにアプリをインストールする必要もなく、インターフェースに操作も感覚的にできるので、安心して使い始められました。もう少し慣れたら、別のものも使ってみたいですね」

スマホでのキャッシュレスのメリットは?

スマホでのキャッシュレス決済では、コンビニやドラッグストアなどより加盟店が多いものを選ぶこと。そして自分がすでに使用しているクレジットカードや、スマホのキャリアなどと連携させることで、よりお得に使うことができそうです。それに履歴がしっかり残るものあり、上手く使用すれば現金よりもお金の管理を見える化しやすいのもポイント。一方で注意したいのはセキュリティ面。それとスマホのバッテリー切れにも注意したいですね。また、機種変更時に正しく引き継ぐことも気を付けたいです。キャッシュレス社会へと向かいつつある現状であれば、どんどん使いやすくなっていきそうですね。それに来るべきキャッシュレス社会に備えて、今のうちに使い方に慣れておくことが最も大切かもしれません。