「まるで洗脳」「宗教みたい」工藤夕貴の“合宿”に不快感MAX!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)ArtFamily / Shutterstock

『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)の企画『工藤塾』に批判が集まっている。女優の工藤夕貴が若いタレント一同に農業を教え込む企画。7月3日放送回でも、工藤は後輩タレントにゲキを飛ばし続けた。若手タレントと工藤が触れ合う様子を「宗教みたい」と揶揄する声が続出している。

「女を鍛える合宿」と称し、工藤が所有する農場をゆきぽよ、ファーストサマーウイカ、GENKINGら、女性タレントが訪れる企画。この日は合宿2日目の様子を放送した。工藤はテントの中で熟睡する後輩たちにホイッスルを鳴らして強制的に起こし、筋肉痛に苦しむ一同を「筋肉痛になるのは当たり前」と一喝した。

眠気が残る中、一同は早朝からウオーキング。19歳のタレント若林萌々は「本当に嫌だ」と嘆いたが、工藤は「速く歩かないと体が起きない」「誰かのために歩くんじゃない。自分で歩く」とハッパをかけ続けた。

 

「自然の力を感じよう」農作業通し工藤がゲキ

工藤は歩きながら「地球が起きているの、朝って」「周りの木々も呼吸をしている」などと、自然と触れ合うことの重要性を強調。工藤は道すがら突然、滝の中に入り込み、周囲から「ヤバい」と評されたが、「自然の力を感じよう」などと工藤に促され、一同も滝の下に飛び込んだ。

その後の農作業では「足が痛い」と悲鳴を上げる後輩たちに「痛いのは生きてる証拠」などと励まし続け、2日間で11時間の畑作業が終了。工藤は後輩たちの奮闘を喜び涙したが、視聴者からは工藤がハッパをかける文言に違和感を覚えていたようだ。

ツイッターには「まるで洗脳」「宗教みたい」と揶揄する声が続出した。

《(励ます言葉が)洗脳とか宗教と同じ手口じゃん》
《工藤塾おもしろいけどちょっと新興宗教っぽさを感じる…》
《家電などに囲まれた生活すると、「病気になりやすい血液になる」って、何かの宗教ですか?》
《現代のブラック企業感ある これ見ててみんな怖くないんか?》

過去にはスキャンダルも多々あった工藤。自然に囲まれ、自身の心もすっかり浄化されているのだろう。

 

【画像】

ArtFamily / Shutterstock