参院選公示 大分選挙区は3氏届け出【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

「ガンバロー」で気勢を上げる候補者ら=4日午前、大分市内(画像を一部加工しています)

 第25回参院選が4日午前、公示された。改選124議席(選挙区74、比例代表50)に約370人の立候補が見込まれる。歴代最長政権に近づく安倍晋三首相(自民党総裁)の政権運営に審判が示される。最大の焦点は、安倍政権下での憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持するかどうかだ。与野党は老後資金2千万円問題に端を発した年金不安や、10月の消費税増税、経済政策「アベノミクス」を巡り論戦に入る。21日投票、即日開票される。

 大分選挙区は4日午前8時半から県選管で届け出の受け付けが始まり、▽礒崎陽輔(自民・現)▽安達澄(無所属・新)▽牧原慶一郎(諸派・新)の3氏が届け出た。3選を目指す自民現職に無所属と諸派の新人2人が挑む構図となった。

 礒崎氏は党の国会議員、地方議員と連動して支援を訴え、推薦を受ける公明党の支持者に浸透を図る。各業界団体の推薦も受け、保守層の票固めを進める。

 野党4党の「共同候補」になった安達氏は各党組織や連合大分の加盟労組が支持基盤。無党派層への浸透や現政権に対する批判票の掘り起こしを狙う。

 「NHKから国民を守る党」の牧原氏はNHKの問題を訴えて支持を求める。

各候補の選挙事務所 (届け出順)

▽礒崎候補 大分市椎迫1の1(TEL097.574.4712)

▽安達候補 大分市下郡東1の10の22(TEL097.504.8408)

▽牧原候補 設置しない