石清水八幡宮「鎮守の森」にメガソーラー計画 周辺住民ら動揺

©株式会社京都新聞社

メガソーラー建設が計画される男山。左端の峰に石清水八幡宮がある(京都府八幡市八幡から)

 石清水八幡宮がある京都府八幡市の男山で、大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設計画が浮上し、周辺住民に動揺が広がっている。反対する住民らは、麓の住宅街で土砂災害の危険性が高まるほか、「鎮守の森」として守られてきた自然環境が損なわれると懸念する。市も、市内でのメガソーラー開発の規制に向けて検討を始めた。

 関係者によると、昨年3月、東京都内の企業が住民に対し、男山北西部の山林約5ヘクタールを造成して発電設備を設ける計画を説明したという。八幡市は同年12月に0.95ヘクタールの伐採届を受理したといい、現在は作業道が整備されている。

 近隣の住民は、建設予定地の麓が土砂災害警戒区域に指定される急傾斜地であるため、樹木の伐採が災害を誘発すると懸念。約1500種の昆虫が生息する自然環境や、谷崎潤一郎の小説「蘆刈(あしかり)」に描かれた男山の景観に悪影響を与えると危ぐする声もある。

 一方、八幡市の堀口文昭市長は今年3月、市議会で民間のメガソーラー開発について「景観や防災面の配慮から必要な規制を検討する」と表明した。他市町の事例を検討し、本年度中の条例制定を目指す考えを示している。

 反対する市民グループは「男山は私有地が多く、石清水八幡宮だけを残して一気にはげ山になってしまう恐れもある」と強調。市に対策強化を求める署名活動を始めている。

 企業側からは3日現在、取材に回答はなかった。