淡路島で出発式 京都の祇園祭でハモPR

©株式会社 サンテレビジョン

淡路島の夏の味覚、ハモをPRするため淡路島観光協会などが京都へ出発するのを前に4日、式典が行われました。

洲本市の八幡神社で行われた4日の出発式では、京都の八坂神社に奉納するハモが竹かごに入れられ、神事が行われました。

淡路島のハモはかつて朝廷に献上されていた歴史があり、京阪神の料亭などで夏に欠かせない食材として人気があります。

この「御食国キャラバンはも道中」は祇園祭でにぎわう京都で淡路島のハモをPRしようと淡路島観光協会などが行っているものでことしで11回目です。

一行は5日、京都の八坂神社周辺を練り歩いたあと境内で参拝者にハモ料理を振る舞う予定です。