上田竜也と那須川天心のボクシング対決でまさかの結末!? 志尊淳も参戦!!

©株式会社東京ニュース通信社

7月6日放送のTBS系「炎の体育会TVSP」(午後7:00)に、キックボクサーの那須川天心が実の妹・梨々、弟・龍心らを率いて参戦し、KAT-TUNの上田竜也、俳優の志尊淳らとボクシング対決することが分かった。

同番組は、今田耕司と雨上がり決死隊・蛍原徹の司会で、芸能人たちがさまざまな競技に挑戦する人気スポーツバラエティー。今回のスペシャルでは、那須川が率いる“最強格闘軍”と「蹴って!蹴って!蹴りまくれ!サンドバッグレース!」や「天心に一撃なるか!ピカッとボクシング」「心臓破りの坂!タイヤ引きレース」の3番勝負をする。

那須川率いる“最強格闘軍”にはシュートボクシング世界女子フライ級王者のRENA、格闘家の白鳥大珠、海人らが顔をそろえ、それぞれが驚異の身体能力を披露。ボクシング歴12年の上田、7月9日スタートの同系連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(火曜午後10:00)に出演する志尊が、天心とのボクシングハンデマッチ「天心に一撃なるか!ピカッとボクシング」に挑み、勝負は誰も予想しなかったまさかの結末を迎える。

さらに、那須川3きょうだいが重量200キロのサンドバッグをゴールまで蹴り動かす「蹴って!蹴って!蹴りまくれ!サンドバッグレース!」でガチ対決するほか、RENAと宮川大輔が「心臓破りの坂!タイヤ引きレース」を繰り広げる。