伊調と川井梨、代表争い決着へ

レスリング、6日プレーオフ

©一般社団法人共同通信社

伊調馨、川井梨紗子

 レスリングで注目の世界選手権(9月・カザフスタン)代表争いが決着の時を迎える。6日に埼玉県の和光市総合体育館で行われる代表決定プレーオフの女子57キロ級で、五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)と2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が激突する。

 日本協会の選考基準で世界選手権のメダリストは来年の東京五輪の切符を手にする。世界代表になることが自国開催の五輪出場に近づくだけに大一番だ。2人の争いは伊調が昨年12月の全日本選手権決勝で退けてリード、6月の全日本選抜選手権決勝で川井梨が雪辱、プレーオフにもつれ込んだ。