ひだかインフォメーションーお知らせ(1)ー

埼玉県日高市 広報ひだか令和元年7月号

©株式会社VOTE FOR

■国民健康保険高齢受給者証の更新
国民健康保険に加入している人が70歳になると、誕生日の翌月(1日が誕生日の人はその月)から「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。
この高齢受給者証には、所得等に応じた一部負担金の割合が記載されています。医療機関等にかかるときには、国民健康保険被保険者証(保険証)と一緒に窓口に提示してください。
なお、高齢受給者証の有効期限は、毎年7月31日までです。新しい高齢受給者証は7月下旬に郵送します。

問い合わせ:健康支援課国民健康保険担当(1階(3)番窓口)

■国民健康保険「限度額適用認定証」等の交付および更新
入院や通院により1か月に支払う医療費の自己負担額が一定額を超えるときには、「限度額適用認定証」等を提示すると、医療機関等での支払いを自己負担限度額までとすることができます。
また、入院時の食事代が減額できる場合もあります。
認定は申請月の1日からとなりますので、必要な人は早めに窓口で申請してください。
※認定証の有効期限は、毎年7月31日までです。引き続き認定を受けるためには、再度申請が必要です。

対象:次のいずれかに該当する人
(1)70歳未満の人
(2)70歳以上75歳未満で住民税非課税世帯の人
(3)70歳以上75歳未満で住民税課税所得145万円以上690万円未満の世帯の人
条件:国民健康保険税に滞納がなく、所得の申告をしていること
持ち物:
・国民健康保険被保険者証(保険証)
・マイナンバー(個人番号)カードまたはマイナンバー(個人番号)通知カード
・本人確認ができるもの(運転免許証等)

問い合わせ:健康支援課国民健康保険担当(1階(3)番窓口)

■国民健康保険加入世帯へ納税通知書を7月上旬に発送
国民健康保険税は、毎年4月から翌年3月までの1年間の税額を8回の納期に分けて納付します。年度の途中で脱退・加入したときは月割りで計算します。
また、国民健康保険税は、世帯単位で課税され、世帯主が納税義務者となります。

国民健康保険税は前年中の所得等に応じて計算しますが、所得が少ない世帯の場合は軽減制度があり、本年度は軽減対象世帯の範囲を拡大しています。
※災害など特別な事情で納付が困難な世帯は、減免される場合があります。
※会社の倒産や解雇などの理由で失業した人は、軽減される場合があります。
※納付には便利な口座振替をご利用ください。

問い合わせ:健康支援課国民健康保険担当(1階(3)番窓口)

■飯能警察署からのお知らせ
オレオレ詐欺対策として、在宅中も常に「留守番電話」を設定してください。
平成30年に警察庁が実施した調査の結果、被害者の95%が「自分はだまされないと思っていた」と答えています。
また、だまされた理由について、被害者の63%が「声がそっくりだったから」と答えています。
今日からできる「犯人と話さない」対策が被害防止にとても有効です。

問い合わせ:飯能警察署生活安全課
【電話】042-972-0110

■後期高齢者医療被保険者証(保険証)の更新
現在使用している後期高齢者医療被保険者証(保険証)の有効期限は、毎年7月31日までです。
8月1日から有効の新しい保険証は、7月中旬に簡易書留で郵送します。
受け取りには、受領印が必要です。

不在の場合は、郵便局から不在連絡票が置かれますので、その内容に基づいて受領してください。郵便局の保管期間(配達から1週間)を過ぎた場合は、市で保管します。

7月31日(水)までに保険証が届かない場合や、保険証の内容に変更・誤りがある場合は、下記まで連絡をお願いします。
有効期間が切れた保険証は、左記または各出張所へ返却するか、ご自身で裁断するなどの処分をしてください。

問い合わせ:健康支援課国民年金・医療費担当(1階(4)番窓口)

■後期高齢者医療保険料額決定通知書を7月中旬に発送
後期高齢者医療制度では、世帯単位ではなく、被保険者ごとに保険料を納める必要があります。
保険料は、被保険者全員が負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額です。計算方法は、県後期高齢者医療広域連合が決定するため、県内は全て同じ方法となります。

同一世帯内の被保険者および世帯主の前年中の総所得金額等の合計額が33万円以下かつ同一世帯内の被保険者全員が、それぞれ年金収入のみで80万円以下の場合の均等割額が「9割軽減」から、本年度は通年で「8割軽減」に変更されました。
また、元被扶養者の均等割額が「5割軽減」から「加入後2年間に限り5割軽減」に変更されました。

詳しくは、保険料額決定通知書に同封する「保険料のしおり」をご覧ください。

問い合わせ:健康支援課国民年金・医療費担当(1階(4)番窓口)

■「海の家」のご案内
市指定の海の家を新潟県に開設しています。利用する場合、宿泊費の補助が受けられます。健康づくりにご利用ください。
対象:利用する日において、市国民健康保険の加入者、または市内に住所を有する県後期高齢者医療制度の加入者
※国民健康保険税や後期高齢者医療保険料を滞納している人を除きます。

開設期間:8月31日(土)まで
補助回数:年度内2泊まで
補助金額:
・大人(中学生以上)1泊2000円
・子ども(満3歳以上小学生以下)1泊1000円
利用方法:宿泊先の予約をした後、市役所または各出張所、市ホームページの電子申請で利用券の申請をしてください。
※各宿泊施設の詳しい内容は、左記へお問い合わせください。

問い合わせ:
・健康支援課国民健康保険担当(1階(3)番窓口)
・国民年金・医療費担当(1階(4)番窓口)