同性婚不受理、福岡でも提訴へ

九州初、憲法違反として

©一般社団法人共同通信社

同性婚を認めないのは憲法違反だとして、国を訴える方針の男性カップル。手にしているのは婚姻届=5日午後、福岡市

 福岡市在住の男性カップルが5日、市内で記者会見し、同性婚を認めないのは憲法違反だとして、国に損害賠償を求める訴えを起こす方針を明らかにした。2人は「同性カップルも、温かい家庭を築きたいと思っていることを理解してほしい」と訴えた。

 2人は同日、市に婚姻届を提出したが受理されない見込みで、正式に不受理となった後で福岡地裁に提訴する。弁護団によると、同様の提訴は九州で初めてとなる。

 弁護団によると、各地でパートナーシップ制度が広がっているが、婚姻関係に比べると、社会的に承認されにくかったり、さまざまな制度の優遇を受けられなかったりするという。