朝鮮学校周辺の街宣禁止、東京

最寄り駅も、仮処分決定

©一般社団法人共同通信社

記者会見する東京朝鮮中高級学校の金生華教務部長=5日午後、東京都内

 東京朝鮮中高級学校(東京都北区)を運営する学校法人が、最寄り駅前で学校を非難する街宣活動をしている男性の活動禁止を求めた仮処分手続きで、東京地裁(古谷健二郎裁判長)は5日、駅を含めて学校の半径500メートル以内での演説やシュプレヒコールの禁止を命じる決定を出した。

 学校側は東京都内で記者会見し、李春熙弁護士は「学校に押し寄せなくても、最寄り駅での行為を禁止した点に意義がある」と指摘。学校の金生華教務部長は「子どもの恐怖心などをくみ取ってもらい、ありがたい」と話した。

 男性側の徳永信一弁護士は「表現の自由に対する重大な侵害だ」とのコメントを出した。