メッシをマークしたブラジル代表DF、謎の交代理由は「下痢嘔吐」だった

©株式会社コリー

日本代表も招待されていたコパ・アメリカで決勝に進出した開催国ブラジル。準決勝では宿敵アルゼンチンを2-0で撃破した。

動画を見たい場合はここをタップ!

この試合では後半19分にDFマルキーニョスが突如交代に。守備の要のひとりだけに驚きだった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

『Globo』によれば、試合当日にひどい体調不良に陥っていたようだ。

マルキーニョス(ブラジル代表DF)

「もう元気だよ。健康は大事だね。

試合の日はウイルスをもらって、ホテルで1日中過ごしていたんだ。

下痢と嘔吐でとても大変だった。

ちょっとはプレーできたけれど、(強行出場によって)状況は厳しくなり、悪化してしまった。

それで、交代しなければいけなかったんだ。

試合終わりには熱が出るなどさらに悪くなって、スタジアム内の医務室に行かなくてはいけなかった。

点滴を打ってもらって、今は順調だよ」

また、ウイルスにやられた状態でメッシをマークするのは簡単じゃなかったとも明かしていたそう。

【関連記事】なぜメッシはコパ・アメリカであまりにひどかったのか…4つの理由がこれ

ブラジルは8日にペルーとの決勝を戦う。病気から戻ってくるであろうマルキーニョスにも注目だ。