米女子ゴルフ、畑岡12位に後退

ソーンベリークリーク第2日

©一般社団法人共同通信社

第2ラウンド、8番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗。通算10アンダーで12位=ソーンベリークリーク(共同)

 【オナイダ(米ウィスコンシン州)共同】米女子ゴルフのソーンベリークリーク・クラシックは5日、ウィスコンシン州オナイダのソーンベリークリーク(パー72)で第2ラウンドが行われ、4位から出た畑岡奈紗は5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で通算10アンダー、134となり、トップと7打差の12位に後退した。

 上原彩子は5バーディー、1ボギーの68と伸ばし通算7アンダーで39位に上昇。74の横峯さくらは2アンダー、75の山口すず夏は3オーバーで予選落ちした。

 62で回った朴城ヒョン(韓国)が通算17アンダーで首位に立った。