【THE MUSIC DAY 2019~時代~】「裏配信★大魔王の部屋」に荻野目洋子登場! 乃木坂46との共演で愛娘からの驚きのアドバイスとは!?

©株式会社東京ニュース通信社

本日放送中の、嵐の櫻井翔が総合司会を務める日本テレビ系音楽番組「THE MUSIC DAY 2019 ~時代~」(午後1:30)。「時代」をテーマに、ベテランから若手まで約60組のアーティストが集結し、次の時代に残したい平成の名曲、新たな時代・令和を飾るアーティストによる時代を超えて受け継がれる曲を9時間半の生放送でおくる。

放送7年目となる今年は去年に続き、地上波放送と並行して、古坂大魔王および青木源太アナウンサー、市來玲奈アナウンサーの3人のMCによる「裏配信☆大魔王の部屋」が YouTubeやニコ動、Twitter、Facebookで、現在、生配信中。「THE MUSIC DAY」のステージをこれから迎える約30組のアーティストを招き、これから挑むライブへの意気込みからプライベートに至るまで、その裏側を根掘り葉掘り聞き出すトークが繰り広げられている。

裏配信1人目のゲストは、2年連続のトップバッターとして荻野目洋子が登場。MCの古坂大魔王は、子どもの頃から大ファンだったということで大興奮。当時に思いをはせた。

今回の裏配信では、登場するゲスト全員でドミノを作ろうという企画も進行。総数100個弱にも及ぶピースに、豪華ゲスト陣がサインを入れてスペシャルなドミノを完成させる。しかし、1人目の荻野目がいきなり倒してしまうハプニング。突然の出来事に、裏配信は爆笑の渦につつまれた。

続いて、青木アナから荻野目の「底辺だった時代」について質問が振られると、7枚目シングルの「ダンシング・ヒーロー」をリリースするまでの苦労話を披露。15歳でデビューし、17歳までは全国津々浦々を巡っていたという。

さらに、裏配信部屋には16歳のアーティスト・SASUKEも登場し、荻野目の代表曲「ダンシング・ヒーロー」をスペシャルリミックスでお届け。視聴者からは称賛のコメントの数々が寄せられ、16歳の天才的なパフォーマンスに、古坂も興奮を隠せなかった。

裏配信後の囲み取材では、以前に登美丘高校ダンス部が「ダンシング・ヒーロー」を取り上げたことに引き続いて、高校生のSASUKEがDJ風リミックスを披露したことに触れ、「すごくうれしいです」と喜び、「自分でも遠いところに行っているんじゃないかというぐらい、『ダンシング・ヒーロー』という楽曲がいろんな場所で、いろんなアレンジを加えられて、時代ともに変化していくというのは想像以上です」とコメント。

本日の放送で荻野目は、乃木坂46と共に「ダンシング・ヒーロー」を披露予定。メンバーの齋藤飛鳥と並ぶシーンがあるなど、リハーサルの様子を娘さんたちに伝えたところ、「顔が小さいからくっつきすぎないように!」というアドバイスを受けたと明かした。

最後に、荻野目はこの後に自身も登場する「アイドルメドレー」に触れ、「往年のアイドルの元祖と呼ばれる方からコーナーが作られているので、ものすごく見応えがあると思います。乃木坂46さんや、AKB48の皆さんも、今の世代としてバトンを受け継ぐ形で登場してくるので、私も参加できて楽しみです」と見どころを明かした。